日本ゴルフスクール

2009年05月18日

大矢監督辞任

サンケイスポーツより:
横浜ベイスターズの佐々木邦昭球団社長は18日、横浜市内の球団事務所で会見を行ない、大矢明彦監督(61)が成績不振を理由にシーズン途中で休養すると発表した。後任には田代富雄2軍監督(54)が代行で1軍指揮をとることになった。ある球団幹部は大矢監督が戻る可能性について「それはない」と名言していることから、実質的な辞任とみられる。チームの若返りを断行した横浜は今季13勝24敗で首位巨人から13ゲーム差の最下位に沈んでいる。15日から行なわれた中日3連戦(ナゴヤドーム)で中日に今季2度目の同一カード3連敗を喫し、4連敗となり今季最多の借金11に。開幕戦から6連敗をするなど、低迷している。大矢監督は2007年から指揮をとり初年度は4位だったが、昨シーズンは48勝94敗2分、勝率.338で首位から36.5ゲーム差の最下位に沈んでいた。監督代行となる田代2軍監督は現役時代278本塁打をマークするなど、長距離砲として活躍。07年から2軍監督を務め、打者育成には定評がある。

先週末の中日3連戦、連続サヨナラ負けを含む3タテを喰らい意気消沈のハマファンに追い討ちとなる悲しいニュース。
チーム不振の責任がどこにあるのか定かではありませんが、寂しいですね。
やっぱり成績不振から解任された森監督を思い出します。
「勝敗は兵家の常」
監督が替わって強くなれるとは思いません。
ただ、こうなってしまった以上ファンとしてはこれを浮上のきっかけとしてくれればと願うしかありません。
大矢監督お疲れさまでした。
posted by tunnel at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。